配糖体、水に溶けるの巻

野口アカデミー
「ハーバリストのためのハーブの化学」
第7回。

化粧品会社に勤める受講生の方が、
ヘスペリジンの原末を
持ってきてくれました。

フラボノイドは薄黄色
とは聞いていたけど、
想像通りのアイボリーカラー。

ちょっと舐めてみたら、ほろ苦~

ヘスペリジンは
柑橘類の皮の白い部分に多いという成分です。

白い部分の苦さそのままの味がしました。

ヘスペリジンは
フラボノイドに糖が2個くっついた配糖体ですが、

持ってきてくれた原末は
さらに1つ糖をプラスしたグルコシドヘスペリジン。

水道水に溶かすと
あっという間に溶けてしまいました。

さらに、配糖体実験の続き

トリテルペンのグリチルレチン酸は
脂溶性なので水には溶けませんが、

配糖体のグリチルリチンカリウムは
やはりあっという間に溶けてしまいました。

(写真がなくてごめんなさい。)

う~ん
実物って面白い!

植物とつながりたいひとにおすすめ
「ココロに響いた植物&自然界からのメッセージ」

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト
薬剤師/公認心理師/産業カウンセラー/プロセスワークプラクティショナー/森林インストラクター/森林セルフケアコーディネーター/メディカルハーブプラクティショナー/ドルフィンスターテンプル認定ヒーラー/日本森林療法協会元理事

配糖体、水に溶けるの巻” に対して2件のコメントがあります。

  1. 飯田みゆき より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >香奈さん
    こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。

  2. 香奈 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今後もお役に立つ情報サイトを宜しくお願い致します。
    香奈

コメントは受け付けていません。