プロセスワーク体験記

私は2015年の秋から日本プロセスワークセンターでプロセスワークを学んでいます。

プロセスワークとは

プロセスワークは、アメリカのユング派心理学者だったアーノルド・ミンデルが創始、発展させたもので、プロセス指向心理学とも呼ばれます。

プロセスワークでは、「すべてに意味がある」という考え方を大切にします。何か問題が起きたとき、「問題」を感じている自分の心を無意識の領域まで深く探究すると、新しい知見を得られることがあります。「問題」も意味があって起きているのです。

幸せになるヒミツ~原因論から目的論へ

 

そのため、ものごとをできるだけありのままに観察し、全体を意識し、より大きく深い意識でものごとをとらえます。これは、個人セッションでもグループワークでも同じです。

ありのままを観察し、

・今、ここで何が起きているのか。

・何が起きたいと願っているのか。

そんな、微細なエネルギーを感じ、個人やグループの「無意識の領域に隠されている願い」を探究するのがプロセスワークだなぁと、私は理解しています。

 

きちんと学びたい方はこちらをどうぞ。


 

【プロセスワーク体験記】

《プロローグ》

出会いは2011年、NPO法人日本森林療法協会の森林セルフケア講座でした。
第二回森林セルフケア講座終了~

このときの参加者にプロセスワーク学習中の方がいて、ずっと気になっていたのです。

何か一つ心理学を学びたいと思い、4年の時を経て参加したのがこちらでした。

【入門コース】

2015.9.13 プロセスワーク初参加「心理系は理論がしっかりしていて、知的好奇心が喜ぶ」

その後ちょうど日程も合ったので基礎コース、phase1実践コースと、導かれるように受講していきました。

【フェイズ1基礎コース】

2015.10.4 「初日から深かった。」基礎コース開始

2015.11.8 「森林セルフケアフォーラムでこれやりてェ!!」ワールドワーク初体験

2015.11.15 「あなたも私の一部です。」パリ同時多発テロへの祈り

2015.12.2 「ど~んとやりたい」個人セッション1回目

2016.1.9 「だから、なに?」夢のワーク1

2016.1.10 「明るさを受けとめて、安心して前に進もう。」基礎コース修了

2016.1.18 「存在が深くなったね。」同期生からの言葉

2016.1.30 「世界には私しかいない。」モニターセッションにて

 

【番外編】

森林セルフケア講座でワールドワークを試してみました。今思えば、かなり無謀だったなと思います。

2016.4.11 自分の中の多様性に気づく

 

 

【フェイズ1実践コース 1年目】

主にワークショップ参加と個人セラピーの記録

2016.6.25 「多数決から対話の時代へ」コミュニティミーティング

2016.7.5 「一つ一つの物語に愛を感じる」ケースコンサルテーション

2016.7.11 「流れを感じる」セラピー1回目

2016.7.23 「自分の信じるところを動かせ」夢のワーク2

2016.8.2 「痛みを感じながら進む」セラピー2回目

2016.8.30 「私には力がある」恐怖のドライブ体験をセラピー:ライブスーパービジョン

2016.9.23 「めまいからのメッセージ」セラピー4回目

2016.10.3 「おうちに帰ろう」ドーン・メンケン博士のセミナー

2016.10.20 「悔しさを全力で感じて力を取り戻す」セラピー?回目

2016.10.24 「同時多発行動の願いを知る」ムーブメントワーク2

2016.10.26 「カラダを感じて片付けたい気持ちを知る。」ワーク後の気づき

2016.11.14 「傷つきやすい自分とともにいる。」インナーワーク2

2016.11.21 「ファシリテーションは、森の中で自然界の声を聴くのに似ている。」ワールドワーク体験

2016.11.22 ファシリテーターとは

2017.1.15 ファシリテーター初体験「あーこわかった。」ワールドワーク2

2017.2.8 ファシリテーター2回目「温かい場所でやりきる」統合のワーク2

2017.3.11 「『解決されることを願っている問題がある。』ことを、意識に入れておく。」プロセスワーク:3.11オープンフォーラム

 

フェイズ1実践コース 2年目

グループワークに挑戦して爆砕した記録

2017.5.29 「ハートが開いた嬉しさを認める」セラピー?回目

2017.6.3 「目に見える現実から気づく。」プロセスワークでの気づき

2017.7.27 「人間と人間とがガチンコで自分の願いと繋がり合ったその先に、社会の調和が現れてくると感じるのです。」プロセスワークのワールドワーク体験から

2017.7.29 「会議室で体験する温かさが、世界にも広がるといいな。」ワールドワーク2再受講

2017.8.2 「ファシリテーションは植物ように知覚し、動物として感じることなのかな。」ワールドワーク体験から

2017.9.2 新宿御苑でワールドワーク企画

2017.9.11 テロリズムのエネルギーを統合する

2017.9.14 「受け止められたい執着を手放す」セラピー?回目

2017.9.15 「ワールドワーク」読書メモ

2017.9.21 「ディープ・デモクラシー」読書メモ

2017.10.1 「森に見守られるワーク」新宿御苑でのワールドワークお試し会終了

2017.10.9 「次なる野望は人間界の探究」ドーン・メンケン博士のワールドワークセミナーにて

2017.10.22 「グループワークは自分とのつながり」グループファシリテーション練習会

2017.11.1 「ただのひとは、ただ、ある、ひと。」セラピー?回目

2017.11.13 「嵐を起こしたい私」セラピー?回目

2017.11.28 「混沌の世界へ突っ込んでいく私」セラピー?回目

2018.3.17 「一人ひとりvsグループの思い」ワールドワーク練習会にて

2018.4.10 実践コース修了しました。

 

 

その後の学びはこちらから

プロセスワーク

 

関連記事

心の癒しは「幸せになる力」に気づく旅

森の癒しから心の癒し、魂の願いへ

 

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト
薬剤師・森林インストラクター・メディカルハーブプラクティショナー・ドルフィンスターテンプル認定ヒーラー・日本森林療法協会元理事