だからのびやかに踊ってください。~「もし世界が100人の村だったら」より

11/18-20の清里ミーテイングの準備をしています。

こちらの本からの読書メモです。

 

 

 

『だからあなたは深々と歌ってください。のびやかに踊ってください。

踊っている時は消費しないし、何も買わないし資源を使い果たさないし、汚染しないし、誰も搾取しない。

踊っている時は、経済からも経済的なスタイルからも離れている。

踊るのに余暇は必要だが、富はいらない。

 

踊ることは他人が貧乏であることに依存したり地球を壊したりせずに、人々に喜びと満足を与える

数多くの活動のシンボルになれる。』

 

 

これは、「もし世界が100人の村だったら」の対訳者ダグラス・ラミスの言葉だそうです。

 

 

この本はとても有名なのに、私はこの言葉を知りませんでした。

 

 

「消費しつづける経済の中でしか、豊かになり、幸せになれない。」

 

という社会通念のなかで、そんなことない!!って、ハートは叫んでいるのに、でも、じゃあどうしたらいいの??という問いには、誰も応えてくれなかった。

 

 

『だからあなたは深々と歌ってください。のびやかに踊ってください。』

 

なんてあたたかい言葉だろう。

消費するために歌うのではない。

富のために踊るのではない。

 

ただ、魂の喜びのために歌うとき、私は地球を壊さない。

 

だから『癒し』は持続可能な開発目標と矛盾しない。

うれしい仮説です。

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト
薬剤師・森林インストラクター・メディカルハーブプラクティショナー・ドルフィンスターテンプル認定ヒーラー・日本森林療法協会元理事