紫陽花(アジサイ)の精霊~香りに出会える季節です。

紫陽花(アジサイ)の季節ですね。

 

普通のアジサイと違って、外側だけ花びらがついている、地味なアジサイを見かけたことはありませんか?

 

これは、

ガクアジサイ(Hydrangea macrophylla f. normalis)
といいます。

 

実は、よく見るポンポンみたいなアジサイは、園芸用の改良品種で、この地味なアジサイが、日本に自生している原種です。

wikipedia「アジサイ」

 

 

アジサイの花びらみたいなものは、植物学的には「萼(ガク)」

装飾化と呼ばれています。

 

つまりは“ニセの花”ですね。

 

ホンモノの花は、真ん中部分。

よく見ると、小さな花の集まりです。

 

 

この真ん中部分、うっすら香りもするんです。

 

 

ガクアジサイという植物は、外側の“ニセの花”で遠くから虫を誘い、内側の香りで“ホンモノの花”に来てもらう作戦です。

看板と匂いで客を呼ぶ屋台みたいです。

 

 

よく見れば、ホンモノの花の部分に虫が来ていることもあります。

 

だからこそ、受粉が終わったら、だら~ん、と力を抜くんですね。

アジサイの花びらはなぜ下を向いてしまうのか

 

 

ちなみに、ポンポン型のアジサイには、香りはありません。(だって、全部ニセモノなんだもの。)

 

もっと言えば、花びら(みたいな萼)をつけない

コアジサイ(Hydrangea hirta)は、すんごい、良い香りです。

コアジサイは麗しの香り

 

 

ガクアジサイの香りを嗅ぐたびに、子孫を残すために真剣に生きているスピリットを感じます。

 

もしかしたら、これが

“アジサイの精霊”

なのかもしれません。

 

皆さんも、ガクアジサイを見かけたらぜひ、香りをチェックしてみてくださいね。

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト
薬剤師・森林インストラクター・メディカルハーブプラクティショナー・ドルフィンスターテンプル認定ヒーラー・日本森林療法協会元理事