原子力が巨神兵になる日

自然界の声を聴いて、
もっと自分を好きになる!!
 
“森と魂のセラピスト”
飯田みゆきです。

 

 

先週の金曜日、

プロセスワークセンターが主催する

合気道的身体から感じる原子力

に参加しました。

 

スピーカーの木村先生は、

東京大学工学部准教授として、

原子力をめぐるコミュニケーションを

研究されてきた方です。

 

現在は、原子力を中心とした

エネルギー問題を話し合うための

法人を作り、活動されています。

 

 

その時に印象に残った言葉が、

 

 

「一度発見されてしまった現象は、

“なかったこと”にはできない。」

 

 

 

 

 

 

この言葉が

自分の中で深く木霊(こだま)し、

ひとつの可能性が

浮かびあがってきました。

 

今日は、その可能性を

SFファンタジー風に書きました。

 

私は社会学方面に疎いので、

「設定が甘い」、とか、

「そんなことありえない」、と、

思われる方もいると思います。

 

 

あくまで、SFファンタジーです。

 

 

ナウシカ、ラピュタ、

スターウォーズ、ガンダム

などの世界と同じように、

 

生暖かい目でストーリーを

読んでいただければと思います。

 

 

題して、

 

「原子力が巨神兵になる日」

 

はじまり、はじまり~。

 

 

 

 

 

その日、国連決議で

全世界からの原子力の撤廃が

採択された。

 
 
核兵器、原子力発電所は
永遠に封印され、
解体していくことになった。
 
 
 
遡ること数十年前、
 
日本では、
国民投票で脱原発が決まった。
 
政府はこの結果を真摯に受け止め、
太陽光、風力などのクリーンエネルギーの
開発と普及に予算を配分した。
 
 
クリーンエネルギー業界には
優秀な科学者が集まり、
研究は進み、
コストはどんどん低下し、
 
政治家、投資家、商社など、
野望を持つ人々が
集まってきた。
 
 
ヒト、モノ、カネが集まり、
クリーンエネルギー業界は
発展した。
 
ついに、日本は
化石燃料の輸入を停止。
 
100%国産、
100%クリーンなエネルギーで
国民生活を送ることになった。
 
 
 
日本の技術は
海外からも注目され、
 
いつしか世界は、
クリーンエネルギーが
経済の中心になっていった。
 
化石燃料は
効率の悪いエネルギーとして、
その割合を小さくした。
 
 
 
そして、ついに
その日はやってきた。
 
 
全会一致で、
脱原発と共に
核兵器の全面撤廃が
国連で決議されたのだ。
 
 
 
 
それ以来、予算は
原発と核兵器の解体のために
使われるようになった。
 
原子力の研究と言えば、
残ってしまった
核廃棄物処理の研究であり、
 
原子力技術は、人々の
豊かな日常生活とは関係ない
科学技術になった。
 
 
夢を抱く優秀な科学者は、
産業に結びつかない原子力の
基礎研究に熱意を失った。
 
 
原子力の細かい原理を
理解していない下請け業者が
ただ、解体する日々。
 
ヒト、モノ、カネが集まらない
原子力業界は、
 
花形産業に参入できず、
夢破れた科学者、業者などが、
ただ、なんとなく
集まる場所となっていった。
 
 
そして数十年後、
すべての原発と核兵器が
解体された頃には、
 
原子力技術の研究は、
完全に空洞化していた。
 
 
全世界でクリーンエネルギーが
使われるようになって数百年後、
 
人びとは、原子力という
技術があったことも忘れて、
平和で豊かに生活をしていた。
 

 
 
しかし、
 
「一度発見された現象は、
“なかったこと”にはできない。」
 
 
 
山あいのうらぶれた研究室に、
一人の若者がいた。
 
彼の仕事は、
核廃棄物管理に関する研究。
 
そこは予算がほとんどなく、
やる気のない科学者と、
流れ者の集まりだった。
 
原子力が封印されてから数百年、
彼は、なぜ自分が
こんな仕事をしているのか、
わかっていなかった。
 
いつか、ここを抜け出して、
成功者になってやるという
野心を抱いていた。
 
 

ある日、彼は研究室の片隅で、

その資料を見つけた。
 
そこには、
彼が管理している核廃棄物を
生み出した原子力の仕組み、
 
そして、
原子力が巨大なエネルギーを
作り出す仕組みが書かれていた。
 
 
さらに、
核爆弾の作り方と、
実験方法。
 
 
 
数百年前には、
この地球上でそんな実験が
行われていたのだ。
 
核実験のデータに
心が震えた。
 
 
『俺は、これで、
世界を手にいれることができる。』
 
 
 
 
そして彼は封印を解いた。
 

日常社会に不満を持っている
天才が集まり、核爆弾を作った。
 
 
 
世界は再び、
核の恐怖に支配された。
 
最先端の科学者も、
原子力について
全く学んでいなかったため、
 
彼らの核の前に、
なすすべがなかった。
 
 
 
核の恐怖に震える日々に、
人々が立ち上がった。
 
 
『原子力は封印すべきだ。』
 
 
民意が結集し、
原子力は再び封印された。
 
 
 
 
しかし、
 
「一度発見された現象は、
“なかったこと”にはできない。」
 
 
 
 
数百年後、
再び封印を解くものが現れる。
 
そして民意で封印し、
再び誰かが封印を解く。
 
 
同じことが、
メビウスの輪のように
この地球で繰り返されていく。
 
 
原子力は
悪魔に魂を売った者だけが
手にする“技(わざ)”として、
永遠に存在し続けるのである。
 
 
ナウシカ世界の巨神兵のように。
 
 
一度発見された現象は、
“なかったこと”には
  できないのだから。
 
 
 
(おわり)
 
 
 
 
 
 
 
 
自分でも絶望感に
打ちのめされるストーリーですが、
 
自分のメモとして、
書き残しておきます。
 
設定の甘さは
十分にあると思います。
 
 
あくまでも、
SFファンタジーとして、
留めおいてください。
 
~~~

 

それでも、私は、

自然界の力とヒトの力を

信じたいと思っています。

 

5/30、北の丸公園、

お申込み受付中です。

フィールドワーク”植物と香りと深感覚”

 

 

ブログランキングに参加しています。下記のバナーをクリックすると応援の点数が入る仕組みですので、クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村

 

☆このブログの歩き方

CONTENTS

 

☆個人セッションのお申込み受付中

自分を探究するお手伝いセッション

 

☆下記イベントのお申込み受付中

フィールドワーク”植物と香りと深感覚”

 

腸内細菌を感じる瞑想会

 

Herbal English!~メディカルカハーブで英語学習~

 

シュタイナーの著書の読書会

 

「自然セラピーの科学」読書会

 

☆メルマガ このブログの更新情報をお届けします。

「自然界の声を聴いて、もっと自分を好きになる!!」

   (週一回、毎週金曜日の配信です。)

 

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト
薬剤師・森林インストラクター・メディカルハーブプラクティショナー・ドルフィンスターテンプル認定ヒーラー・日本森林療法協会元理事