昔の人々は腸内細菌の声を聴いていた?~丹田に腸内細菌がいるのかも。

自然界の声を聴いて、
もっと自分を好きになる!!
 
“森と魂のセラピスト”
飯田みゆきです。

 

 

 

今日は

腸内細菌を感じる瞑想会

の2回目。

 

テキストはこちら。

 

 

 

今日は

『アレルギーと腸内細菌』

のお話でした。

 

 

 

 

 

 

アレルギーを語る上で

欠かすことのできないのが

制御性(せいぎょせい)T細胞。

wikipedia制御性T細胞

 

 

がんばりすぎる免疫細胞たちを

なだめる役割です。

 

 

JAMHA(日本メディカルハーブ協会)で学ぶ

サプレッサー(抑制性)T細胞と、

厳密に言うと違いますが、

まぁ、似たような役割をする

免疫細胞です。

 

細かく知りたい方は、こちらをご覧ください。

制御性T細胞は何をつたえているか

何故今制御性T細胞なのか

 

 

で、

その制御性T細胞の数や効力を

コントロールしているのが、

 

われらが

 

腸内細菌!!


 

 

 

そりゃそうだ。

 

自分が腸内に住み着くためには、

制御性T細胞と仲良くする

必要があるもんね。

 

 

どうやらアレルギーでは、

この制御性T細胞

うまく働いていないので、

免疫系が暴走してしまうようです。

 

 

 

 

しっかりお勉強したあとは、

腸内細菌を感じながらの

瞑想タイム。

 

 

その後、

参加者さんのお一人が

閃きました。

 

「丹田は

腸内細菌がいる場所

なのでは?」

 

 

 

なるほど~!!

 

 

 

丹田とは、の田んぼ。
 
簡単に言うと
エネルギーの貯蔵庫です。
 
 
 
おへその少し下くらいに
位置していると言われています。
 
 
私は学生時代に弓道をしていましたが、
丹田をしっかり意識すると
矢が当たると言われていました。
 
 
 
 
丹田を意識することは、
腸内細菌を意識すること。
 
お腹を温めるのは、
腸内細菌を温めること。
 
ハラを決めると
物事が進んでいくのは、
腸内細菌がGOと言っているから。
 
 
そう考えると、
人々は遥か昔から
腸内細菌の声を聴いていた
のかもしれません。
 
 
ああ、
なんて深いんでしょう、
腸内細菌。
 
 
次回は6/7(水)13:30~16:30。
「あなたはあなたの微生物が
 食べたものでできている」
 
興味がある方のお申込みを
お待ちしています。
 
かなり真面目にお勉強しますヨ。
~~~
 

ブログランキングに参加しています。下記のバナーをクリックすると応援の点数が入る仕組みですので、クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村

 

☆このブログの歩き方

CONTENTS

 

☆個人セッションのお申込み受付中

自分を探究するお手伝いセッション

 

☆下記イベントのお申込み受付中

フィールドワーク”植物と香りと深感覚”

 

腸内細菌を感じる瞑想会

 

Herbal English!~メディカルカハーブで英語学習~

 

シュタイナーの著書の読書会

 

「自然セラピーの科学」読書会

 

☆メルマガ このブログの更新情報をお届けします。

「自然界の声を聴いて、もっと自分を好きになる!!」

   (週一回、毎週金曜日の配信です。)

 

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト
薬剤師・森林インストラクター・メディカルハーブプラクティショナー・ドルフィンスターテンプル認定ヒーラー・日本森林療法協会元理事