エキナセアと護摩行の意外なカンケイ。~Herbal English!! @チーム仙台終了~。

自然界の声を聴いて、
もっと自分を好きになる!!
 
森と魂のセラピスト”
飯田みゆきです。

 

 

昨日は、仙台チームと一緒に

Herbal English!!~メディカルハーブで英語学習

を開催しました。

 

 

テーマは

 

「エキナセア」。

 

 

 

この講座では、

最初に軽くテキストの英文を

読んでいきます。

 

テキストはこちら

 

 

すると、

日本語訳には現れない、

面白い文章に

出会うことがあります。

 

 

 

 

この日の一番の出会いは、

こちらの文章でした。

 

 

『Bathing the skin 

with the juice of echinacea roots

エキナセア根のジュースに

皮膚を浸すことは、

 

helped heal burns and wounds, 

熱傷や外傷を治療し、

 

and made the fiery heat of a sweat lodge

more tolerable.

スウェットロッジの火のような熱さを

より耐えられるようにする。

 

 

《日本語訳》

『エキナセアの根から抽出した汁を

熱傷や外傷をおった皮膚に塗り、

スウェットロッジでの儀式でも用いた。』

 

 

なんか、随分と

ニュアンス違いません???

 

 

 

“スウェットロッジ”は、

アメリカ先住民が儀式をする小屋で、

 

真っ赤に焼けた石に水をかけて

蒸し風呂状態にするため、

 

小屋の中は、

めちゃくちゃ熱くなるそうです。

wikipedia「スウェットロッジ

 

 

 

事前に“エキナセア浴”をしておくと、

この熱さに耐えられるってこと???

 

 

 

エキナセアが

そんな使われ方を

していたなんて!!

 

 

 

 

熱さに耐えて、

神聖な儀式をするといえば、

 

“護摩行(ごまぎょう)”

 

があります。

wikipedia「護摩」

 

熱さの中で浄化するという点では、

とてもよく似ているなぁと感じます。

 

 

 

 

アメリカ先住民は、

そんな神聖な儀式にエキナセアを

使っていたのですね。

 

 

英語原文を読んで

初めてわかる面白さです。

 

 

そんなこんなのHerbal English!!、

次回は4月27日です。

Herbal English!~メディカルカハーブで英語学習~

&nbsp
;

↓チーム仙台と記念写真。

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト
薬剤師・森林インストラクター・メディカルハーブプラクティショナー・ドルフィンスターテンプル認定ヒーラー・日本森林療法協会元理事