2010年植物療法ネットワークの思い出〜自分のために生きよう

自然界の声を聴いて、
もっと自分を好きになる!!
 
“森と魂のセラビスト”
飯田みゆきです。

 

 

今日は、薬局勤務の日。

 

薬局スタッフの同級生の

メディカルハーバリスト;石丸沙織さんが

来店してくれました。

 

私とは2010年、

清里での植物療法ネットワーク以来、

7年ぶりのご縁でした。

植物療法ネットワークin清里2010

 

石丸さんは、イギリスまで

メディカルハーブを学びに行った、

とてもエネルギッシュな方です。

 

現在は奄美大島でのんびりライフを

送っているとのこと。

 

今度、遊びに行きたいですね~。

 

 

 

 

ところで、

2010年の植物療法ネットワークは、

100名もの方が集まった、

とても大きな1泊2日のイベントでした。

 

当時の報告はこちら

植物療法ネットワークin清里2010

 

 

その当時、私は

森林療法担当の実行委員として

関わっていました。

 

私以外の実行委員は、

ハーブ業界の有名な先生たち。

 

参加者にとっては、

私は名もない裏方スタッフでした。

 

 

「トイレはどこですか?」

「次の講座は何時からですか?」

「帰りのバスは何時ですか?」

「部屋を友人と一緒に変えてほしい。」

「お茶がなくなりました。」

「お腹が痛くなりました。」

 

 

etc.

 

 

etc.

 

 

何しろ、100名の宿泊イベントです。

 

私は次から次へとやってくる

参加者からの質問に対応していました。

 

 

 

 

同じ実行委員という立場でしたが、

大先生に質問する人はいません。

 

 

そして、イベント終了の場面。

 

私も実行委員として

先生たちと一緒に

前に並んでいました。

 

 

終了後、参加者が続々と

挨拶にやってきます。

 

「○○先生! ありがとうございました~。」

「△△先生! ありがとうございました~。」

 

そして、私の前に来ると、

 

「・・・・ありがとうございました。

(誰だっけ、このヒト)」

 

 

 

 

つらかったな~。

 

とてもつらかった。

 

 

ほとんどイベントに参加せず、

参加者の質問に対応するために

駆けずり回っていたのに、

参加者の記憶には残らないなんて。

 

 

 

完全裏方として

仕事をしていたのなら良いのです。

 

森林療法を担当したり、

実行委員として前に出たり、

中途半端に関わっていたことが、

とても苦しかった。

 

 

 

 

あれから7年。

 

いろいろなことがありました。

 

今、私はほぼ独立した形を

とっています。

 

 

あの頃、大きなイベントの

裏方スタッフの経験は、

今の私の血肉になっています。

 

 

そして今、私は、

自分のために、

自分の裏方仕事をしています。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。下記のバナーをクリックすると応援の点数が入る仕組みですので、クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ

にほんブログ村

 

☆このブログの歩き方

CONTENTS

 

☆個人セッションのお申込み受付中

自分を探究するお手伝いセッション

 

☆下記イベントのお申込み受付中

Herbal English!~メディカルカハーブで英語学習~

 

シュタイナーの著書の読書会

 

☆メルマガ
このブログの更新情報をお届けします。

「自然界の声を聴いて、もっと自分を好きになる!!」

 

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト
薬剤師・森林インストラクター・メディカルハーブプラクティショナー・ドルフィンスターテンプル認定ヒーラー・日本森林療法協会元理事