【セミナー報告】森でハートが開くとき~森林セルフケア講座実地編@仙台

今日は、NPO法人日本森林療法協会の
森林セルフケア講座 in 仙台
の実地編でした。

仙台は朝からあいにくの雨。

それでも、やります!
小雨どころか、本降り決行です!

傘をさしながら
五感を開いて、植物観察をして、

所々にあるあずまやで
呼吸法をして、気功をして、

徐々にみんなのハートが開いてくる。

その瞬間の生命の輝き、
ハートの暖かさ。

この変化に立ち会える喜び。

私はインタープリターにはなれなかったけど、
自然と人をつなぐお手伝いは
できているのかもしれない。

インタープリターになりたかった話はこちら
いつかきっとインタープリター物語

そして、今回もチャレンジした
ミニワールドワーク。

東京で実施したときの様子はこちら
自分の中の多様性に気づく

森で心地良くなった後に、
ヒトとヒトとの思いが交錯し、
自分の中がかき乱される。

エグくて、苦しくなるけれど、
だって私は人間だから。

人間としての自分もグビッと感じる。
そんな時間があってもいいよね。

そして、最後はステキなプレゼント。

参加していただいた皆さまから
「ミトコンドリアを感じる瞑想会」
のリクエストをいただき、日程を決めてしまいました。

9/11(日)、仙台のどこかで実施します。

おたのしみに~!

 

Follow me!

プロフィール

飯田 みゆき
飯田 みゆき森と魂のセラピスト
薬剤師・森林インストラクター・メディカルハーブプラクティショナー・ドルフィンスターテンプル認定ヒーラー・日本森林療法協会元理事