昨日は、ホリスティック医学協会主催「ケン・ウィルバーのインテグラル理論を学ぶ」の第三回、シャドー・スピリット編」でした。

今までの報告はこちら
第一回⇒インテグラル理論を学ぶ。
第二回⇒数学を学ぼうと思ったらダンスをしよう!

第三回の講師は、相模女子大学の石川勇一先生。

先生は、ミャンマーで仏教の修行をしているそうで、「シャドー/スピリット」について仏教の視点からみるお話でした。

私は、仏教はほとんど学んだことがないので、か・な・り、難しかったです。

釈迦は、悟りを「苦しみが終わった状態」とし、そこにたどり着くための修行を教えているそうです。

その一つが瞑想意識(スピリット・センタードな意識)であり、精妙な意識状態の時には、煩悩が消滅し、喜びに充たされている感覚を得るそうです。

なるほど~。アルアル。

瞑想で気持ちよくなって、あれやこれやの悩みがどーでもよくなる時ってありますね。

どうやら、煩悩≒シャドーという流れでお話は進んでいる様子。

 

そして、

始めは一時的な体験であったものが、繰り返し瞑想をすることで、自分の中に構造化し、定着する。

これが、ウィルバーのいう「レベルアップ」らしい。

うん。わかる。

瞑想を続けていると、普段の自分の感覚も変容していく感じ、アルアル。⇒魂の愛がもたらす変容とは

 

このとき、レベルアップに相いれなくなったモノがシャドーとして噴出する。

んだそうです。

へぇ~。

 

そして、シャドーをどう扱うかというお話が省略されて、14個の煩悩の説明へ。

人間の煩悩には、主に以下の3つがあり、「貪(とん)執着、先入観、自意識過剰などのむさぼり」「瞋(じん)反感、妬み、自責などの怒り」「痴(ち)愚かさ、盲目的、などの無知」これらがなくなると、心が動かない、清らかな心になります。

とのことで、煩悩を見つめる瞑想の説明を聞いてセミナー終わり。

 

ん?

あれ??

あれれれ???

シャドーわぁ~~。

出てきてしまったシャドーはどう扱うのぉ~~~???

 

そこ、一番聞きたかったんだけどぉ~~~!!!

セミナー終了後、私のモヤモヤ大爆発。

一緒に参加したお友達に吐き出しまくり。

しかし、今日改めてレジメを見ていると、『シャドーにどう向き合うか』という項目があり、いろいろ書いてありました。

 

うぬぬぬ。

ここ、一番聞きたかったなぁ。

 

今現在の本音を言うと、清らかな心を目指して瞑想するのはいいのだけれど、その前に、煩悩を持っている自分も愛したい。と、思うのです。

今まで、煩悩を持っている自分をはっきり認識することで、煩悩が自分と統合されて、より、自分を好きになるという経過をたどってきた気がします。

清らかな心なんて、くそくらえ。

と、思っている自分がいます。

煩悩は、なくなってもいいけど、なくならなくてもいい。

煩悩万歳。煩悩上等。

煩悩とともにある自分と一緒にいます。

大好きだよ、煩悩なワタシ!!!

煩悩のない世界といえば、コレ。

単なる原子の並びです。

20160204砂漠のバラ

Follow me!