「あなたって、本当に面白いね」から始まるココロの旅。

「あなたって、本当に面白いね。」

誰かにそう言ってもらいたくなって、自分で言ってみた。

「あなたって、本当に面白いね。」

言ってみると、周りの人は時々そう言って.くれることを思い出す。

 

 

いろんな人が面白いと表現してくれて、そのことを私はとてもうれしく感じている。

それでも感じるこの不足感はなんだろう?
どうしたら、私は満足するんだろう。

だれか、本当に言ってもらいたい人がいるのかもしれない。
その奥にある「願い」に沈潜していってみた・・・・・。

でた・・・。

父親だ。

 

私の父親は、いつもムスッとしていて、本当に褒めない人だった。
今はよぼよぼの爺さんになってしまったけど、思春期の頃は本当に怖かった

彼さえいなければ、私の人生はとっても楽しくなるのに・・・と、「ある日、突然死んでくれたりしないかな・・・。」とも思ったりしていた。(思春期のころの話です。見逃してやってください。)

 

・・・ということで、瞑想の中で彼に「お前は、本当に面白いヤツだね。」と、言ってもらった。

 

あ~、いい感じ。

 

私は、誰よりも彼にそう言ってもらいたかったんだ~、と、しみじみ。

よし。ついでに、言ってもらいたいこと、全部言ってもらおう。

「お前は、本当にいろんなことに興味あるよね。」
「お前は、オレの知らないところで頑張っていたんだね。」
「お前は、きめ細かい心を持っているんだね。」
「お前は、本当にいろんなアイデア湧いて出るよね。」
「お前の発想は、豊かだな。」
「お前は、本当に相手を思いやる気持ちを持っているよね。」
「お前は、本当に自分で考える力あるよね。」
「お前は、本当に想像力豊かだよね。」
「お前は、本当に表現力豊かだね。」
「お前は、本当に思考する力あるよね。」
「お前は、本当に力強く生きる力があるよね。」
「お前は、本当にいい女だよね。」
「なんで、オレの子がこんなにすごい子になっちゃったんだろうね。」

そして最後に

「お前は、オレの自慢の娘だよ。」

よ~し、言わせたった~。

 

私が誰かに言ってもらいたい言葉は、ほとんどすべて彼に言ってもらいたいものだったのだ。

誰に言ってもらうよりも、私は父親に言ってもらいたかったんだ。

 

なぜだろうね。

リアルに誰かから言われるよりも、瞑想の中で空想パパに言ってもらった方が、心がほっこりするの。

脳みそって、頭悪すぎ。

しばらく、ガンガン言わせたる。

Follow me!